食事での健康作りに携わる栄養士の仕事

人のケアサービスを提供する福祉の分野では、多くの人がその仕事に関わっている。福祉の仕事に関連する職種は、とても幅が広い。その中で、食事に関連して福祉のサポートができる働き方もあるのだ。その具体例として、栄養士がいる。
栄養士は、食事作りの分野から福祉に関わることができる職種だ。栄養士は、栄養学について深い知識を持っているのが特徴である。人が生きるために必要な栄養素を把握すると共に、食品に含まれている各種の栄養素の知識を多く有しているのだ。また、食材に含まれている栄養素を活かすための調理方法についても熟知している。小さな子供や病気や怪我を患っている患者あるいは高齢者は特に、体力を高め病気に対する抵抗力を作るため、栄養のある食事が必要だ。栄養士は、保育施設・学校・病院・介護施設・その他給食センターなどに所属し、福祉サービスに務めている。
栄養士の仕事の中でも、特に上位の職種にあたる管理栄養士は、福祉の分野と密接に関わるようだ。管理栄養士は、病人や要介護者の状態に適した栄養の指導や、給食の管理を行うことができる。また、給食センターなど大きな規模の給食施設では、管理栄養士を置くことが義務付けられているのだ。栄養士の分野の中でも、福祉サービスに強く貢献したいと考えるのであれば、管理栄養士としての働き方を目指すことが有意義かもしれない。
食事は人が生きるための基本であり、健康のベースでもある。それだけに、栄養士や管理栄養士となって福祉の仕事に関わることの意義は大きい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です